低金利なキャッシングに乗り換える方法

> 低金利なキャッシングに乗り換える方法
はじめてなら30日間無利息の消費者金融がお得です。
 詳しくはこちら
〇〇円借りたら返済はいくら?理屈はいいから金額を知りたい
消費者金融各社の返済金利シミュレーションを利用しよう
一度キャッシングでお金を借りたら、それを最後まで計画的に完済するべきですが、もしもっと有利な方法で借りる事ができるならそちらに乗り換えるとう方法もあります。

まずは借りる前に良く検討することが大事です。

キャッシングは、金利が高めと言われています。とくに長期間借り入れたり、返済に時間をかけたりする場合は、これが利息となってのしかかってくるので、より負担は大きくなります。ですから、融資を受ける際にも、どのキャッシングサービスの金利がトクなのか、しっかり見極めてから申し込むのが大事です。

 

金利の負担が高い場合

仮に、すでにどこかのキャッシングサービスに申し込んでいる場合でも、金利の負担が高い場合には乗り換えを行うほうがいいでしょう。たかが利息と思うかもしれませんが、されど利息です。すぐに返せば軽微ですが、長期になると積もりに積もった分の負担は想像以上に大きいものです。1%違っただけでも、年額に換算すれば数万円になるということもあります。いったんスタート地点に立ち返り、もっと自分に合ったサービスを探すことから始めてみるのも急がば回れの選択かもしれません。それだけで、年間に換算すれば負担はずいぶん変わってくるのですから。

 

こんな例もあります

こんな例があります。ある方が、キャッシングで数十万円のお金を借り入れていました。一度に多額のお金を借りて、それを分割して長期で返済していく方法を取っていたのだそうです。しかし、やがて支払いがキツくなり、さらに返済時期に新たな融資を受けなければならなくなり、他の会社のサービスにも手を出してしまいました。これがさらに首を締める結果になったのだそうです。そこで、すべてを見直す結論に達します。借りている金額をまとめ、金利の低いところで改めて返済をしていくというもの。白紙に戻しての返済計画は見事に功を奏し、年間での金利の差額のロスもかなり抑えて完済したそうです。

 

こうした例一つ取っても、融資を受ける際には金利が重要だということがよく分かります。ちなみに、銀行系のキャッシングサービスの方が金利は低いと言われています。現在、融資を受けているサービスがどこのものなのか、今一度、確かめてみるのもよいかもしれません。自分にとっての借りる都合をもう一度考えて、それに合ったサービスを選び直しましょう。

注意: この記事は一般的な情報に基づいて作成されています。 お申し込みを検討されている消費者金融において当てはまらないケースもありますので、ご利用の際には金融機関のホームページ又は金融機関ののホームページ内で記載されているお問い合わせ先にてご確認ください。

 

初めての人が申し込みやすい消費者金融

 

 

初めてなら30日間無利息!(※条件あり)

【プロミス】 金利(年利):4.5%~17.8%


プロミスはここが安心


  1. 初めてなら30日間無利息サービスを利用できます。

    30日以内なら借りた金額だけ返済すればOK!
    ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。詳しくは公式ホームページをご覧ください。


    ・三井住友銀行orジャパンネット銀行をお持ちのお客さまであれば、24時間振込可能です
    ・平日14時までにWEB契約完了で当日振込可能
    ・14時を過ぎてもネットで申込み、審査通過後に自動契約機に行けば、当日中に借入可能です


  2. 二つの申込み方法。

    ・カンタン入力:入力する内容が良く分からないならコチラ。少ない項目を入力してお申し込み。一次審査完了後、残りの項目を電話にてお伺い。


    ・フル入力:審査に必要な全ての項目を入力して申込み。Webで全てのお手続きを行いたい方はコチラ。(電話での確認がある場合があります)


    おすすめはフル入力。
    カンタン入力で残りの項目を電話にてお伺いする時、あせってしまって言わなくてもいいことを言ってしまうことも・・・


※申込について:主婦やフリーターの場合、パート、アルバイトによる安定した収入があればお申込み可能です。

 

 

郵送での手続きや、お勤め先確認などの電話連絡がない!

【モビット】 金利(年利):3.0%~18.0%

モビットはここが安心

WEBだけで申し込みを完結させることも可能です。
郵送での手続きや、お勤め先確認などの電話連絡がないのも嬉しい!


「Myモビ」をご利用すれば、いつでも次回の返済日や返済額を確認できたり、
さらにPCで登録すれば「支払期日案内メール」で、事前に返済日や返済額、借入残高などの案内をしてくれます。
困ったときはフリーダイヤルに電話すれば親切に対応してもらえます。


14:50までに振込手続完了すれば、モビットは当日振込も可能です。
ただし、審査結果によっては希望に沿えないことがあるそうです。


 
 

関連ページ

消費者金融とサラ金・ヤミ金は同じ?違う?
業者としてお金を貸している者と言えば?と問われてサラ金と答える人が多いのですが、これは消費者金融とは異なるものなのでしょうか。またヤミ金と呼ばれる業者についても考えてみます。
廃止となったキャッシングのグレーゾーン金利とは
最近はあまり耳にしませんが、以前はグレーゾーン金利というものが問題となっていました。グレーゾーン、つまり白でも黒でもない曖昧な領域のことですが、キャッシングの場合、何が曖昧だったのでしょうか。
家族に知られずにキャッシングする方法
ご家族と同居をなさっている方は、たとえお勤めに行っていたとしてもキャッシングサービスの利用は何となく知られたくないものです。家の人に知られずにお金を貸し出してもらうことは可能なのでしょうか。
キャッシングの金利を下げるには?
キャッシングサービスを利用した時、必ずついてくるのが金利ですがこれを下げる方法と言うのは存在するのでしょうか。
当日、キャッシングを借入れる方法
予想がつかない突然の出費に遭遇してしまった時は、当日の貸し付けも行ってくれるキャッシングサービスを利用する方法があります。このサービスは借入方法を事前に把握しておく必要があるので、注意が必要です。この当日のキャッシングサービスを行う際には、どんな点を確認すればよいのでしょうか。
プチキャッシングって何?
プチキャッシングという言葉を時々見かけることがあるかもしれませんが、これは一体どのようなものになるのでしょうか。ここではプチキャッシングについて解説しています。
大手キャッシング会社がいい理由
消費者金融には一店舗のみで経営をしているものもあれば、全国展開しているものもあり、その規模は様々です。初めてキャッシングをする際は、全国規模の大手のキャッシング会社がいいと言われていますが、その理由は何でしょうか。
キャッシングをする一番いいタイミングは?
消費者金融からキャッシングをする際に一番いいタイミングはお金が必要な時です。ですがある程度余裕があるなら、しっかりとタイミングを見計らってキャッシングをすることをおすすめします。
キャッシングはATMが便利
キャッシングでお金を引き出す方法はいくつかありますが、その中で一番利用されるのはATMでしょう。ここではそんなキャッシング時に利用されるATMについて考えてみます。
インターネットでキャッシング可能か診断できる
キャッシングしたいけれど借りられるかどうか不安という人は、消費者金融各社のホームページで用意されているキャッシング診断を利用してみるといいでしょう。キャッシング診断では簡易的に借り入れ可能かどうかチェックしてもらえます。
キャッシングの返済シミュレーションを上手に活用しよう
キャッシングをする前に返済のことを考えるのが賢い借り方。そこで返済シミュレーションが便利です。返済シミュレーションを上手に使って、無理のない返済計画をたてましょう。
キャッシングを延滞すると差し押さえられるのか
キャッシングした時は返済できると思ったのに、予定外のトラブルで返済できなそう。キャッシングをしたのに返済しないと延滞となりますが、その際に何か差し押さえのようなものはあるのでしょうか。
キャッシングも相続するのか。放棄するには?
キャッシングなどで借金をしていた親族が亡くなった場合、その負債も相続として受け継ぐことになります。でも自分が借りたわけではないのに、返済しなければならないのは嫌だと思う人も多いでしょう。ここでは遺産として残った負債の取り扱いについて説明しています。
キャッシングで借りすぎないコツ
キャッシングは決められた枠内なら、好きなだけ借りる事ができます。そのため借りすぎてしまう人も多いようです。
一度でも消費者金融でお金を借りるとローンが組めなくなるって本当か
消費者金融などでお金を借りる事は借金をすることなのでいけないことだという風潮があるようで、一度でも借りると住宅ローンなどを組めなくなるのではないかと心配する人がいるようです。ここでは実際にそのようなことがあるのか調べてみました。
キャッシングの利用履歴は一生残るのか
仕方なくキャッシングをしたと感じている人にとって、お金をかりたという記録となる利用履歴はすぐにでも消えてほしいものです。ではこのキャッシングの利用履歴はどれくらいの期間残っている者なのでしょうか。
キャッシングは金利1%違うだけで返済額はこれだけ違う
キャッシングをすると利息を支払うことになりますが、これは金利に従って計算されます。金利が低ければそれだけ利息が安くなるますが、では1%違うとどれくらい返済額が違ってくるのでしょうか。