銀行と消費者金融のカードローンの違いについて

> 銀行と消費者金融のカードローンの違いについて
はじめてなら30日間無利息の消費者金融がお得です。
 詳しくはこちら
〇〇円借りたら返済はいくら?理屈はいいから金額を知りたい
消費者金融各社の返済金利シミュレーションを利用しよう
銀行と消費者金融のカードローンには何か違いがあるのでしょうか。
解説しています。

銀行と消費者金融のカードローンの違いについて

 

銀行カードローン消費者金融どちらを選べば良いのだろうか?どっちで作っても同じだろう。と思われるかもしれませんが決して同じではありません。

 

この両者は結構違いがあります。利便性で言うなら消費者金融が優れており、それは審査の早さ、融資までの時間、借入、返済の簡単さ、様々な面で銀行カードローンよりも圧倒的に手続きが早いです。そして、借入、返済にはコンビニのATMを利用できます、銀行でよくある時間外手数料というのもありませんので更に便利です。

 

ですが、金利の計算は消費者金融より銀行カードローンの方が少ないです。

 

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、カードローンの返済方法は大体どこも同じで、決まった金額(例えば1万円)を決まった日(例えば毎月25日)に返済するようになってます。その金額1万円の中に利息も含まれています。

 

50万円のカードローン返済であれば1万円のうち約半分が利息と考えていいでしょう。ですが銀行と消費者金融では、金利の計算方法が違います。

 

借入金額が高額にならなければ、返済金額にそれほど違いは出ませんが、銀行の計算方法の方が支払い利息が少なくなるのです。

 

銀行は元利金等返済か元加方式が主な計算方法です。返済額は同じでも、その内訳、元利金の割合は毎回違います。その時点でも元金に対して利息が計算されているので、返済が進む(元金が減る)程、返済額の中の元金部分が増えていきます。どこでも計算方法は同じですから、ある意味単純です。

 

消費者金融は銀行の支払い利息の計算方法とは違い主にリボルビング返済という計算方法が取られています。

 

これは、当初借入金額に対して金利が掛けられ、その利息と合わせて毎月返済します。
基本的に元利金の割合は毎月同じです。

 

ただし会社によっては金利の割合の計算方法が違い支払い利息が多かったりするのが消費者金融のデメリットです。

 

次に法律に関してですが、消費者金融緩は貸金業法、銀行は銀行法によって規制されています。
2010年に施工された総量規制です。

 

この施工により、消費者金融の貸金業者からの借入は年収の3分の1に抑えられています。

 

カードローンは借入額ではなく、設定額での判定になりますので、年収600万円であれば、カードローン枠は200万円までが限界となるのです。
今すでにそれ以上借りている状態であれば年収の3分の1までの範囲内に収まるまで返済しかできません。

 

ですが銀行のカードローンはこの法改正に関係しないので、年収に関する制限はありません。
この事から、収入が無くても借りられるとの論調もありますが間違いです。

 

しっかりとした審査が行われ、返済能力が無いと判断されると貸してもらえないからです。
当然ですがある程度の収入が必要です。

 

消費者金融紹介

注意: この記事は一般的な情報に基づいて作成されています。 お申し込みを検討されている消費者金融において当てはまらないケースもありますので、ご利用の際には金融機関のホームページ又は金融機関ののホームページ内で記載されているお問い合わせ先にてご確認ください。

 

初めての人が申し込みやすい消費者金融

 

 

初めてなら30日間無利息!(※条件あり)

【プロミス】 金利(年利):4.5%~17.8%


プロミスはここが安心


  1. 初めてなら30日間無利息サービスを利用できます。

    30日以内なら借りた金額だけ返済すればOK!
    ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。詳しくは公式ホームページをご覧ください。


    ・三井住友銀行orジャパンネット銀行をお持ちのお客さまであれば、24時間振込可能です
    ・平日14時までにWEB契約完了で当日振込可能
    ・14時を過ぎてもネットで申込み、審査通過後に自動契約機に行けば、当日中に借入可能です


  2. 二つの申込み方法。

    ・カンタン入力:入力する内容が良く分からないならコチラ。少ない項目を入力してお申し込み。一次審査完了後、残りの項目を電話にてお伺い。


    ・フル入力:審査に必要な全ての項目を入力して申込み。Webで全てのお手続きを行いたい方はコチラ。(電話での確認がある場合があります)


    おすすめはフル入力。
    カンタン入力で残りの項目を電話にてお伺いする時、あせってしまって言わなくてもいいことを言ってしまうことも・・・


※申込について:主婦やフリーターの場合、パート、アルバイトによる安定した収入があればお申込み可能です。

 

 

郵送での手続きや、お勤め先確認などの電話連絡がない!

【モビット】 金利(年利):3.0%~18.0%

モビットはここが安心

WEBだけで申し込みを完結させることも可能です。
郵送での手続きや、お勤め先確認などの電話連絡がないのも嬉しい!


「Myモビ」をご利用すれば、いつでも次回の返済日や返済額を確認できたり、
さらにPCで登録すれば「支払期日案内メール」で、事前に返済日や返済額、借入残高などの案内をしてくれます。
困ったときはフリーダイヤルに電話すれば親切に対応してもらえます。


14:50までに振込手続完了すれば、モビットは当日振込も可能です。
ただし、審査結果によっては希望に沿えないことがあるそうです。


 
 

関連ページ

消費者金融に関することについて
消費者金融とは?ちょっと詳しく解説しています。
カードローンは金利なら銀行、借りやすさなら消費者金融
カードローンを契約する場合、銀行と消費者金融どちらがいいのか開設しています。
キャッシングの有効利用は、その時お金を欲しい時に
キャッシングをこんなケースで理由したら便利でした。キャッシングの魅力を解説しています。
キャッシングの様々な利用メリット
キャッシングには様々なメリットがあります。ここではそのキャッシングについてのメリットについて解説しています。