お金を借りたときの金利についてもっと詳しく

> お金を借りるときの金利についてもっと詳しく
はじめてなら30日間無利息の消費者金融がお得です。
 詳しくはこちら
〇〇円借りたら返済はいくら?理屈はいいから金額を知りたい
消費者金融各社の返済金利シミュレーションを利用しよう
お金を借りるときの金利について少し詳しく説明しています。
年利は一年後に纏めて支払う時の金利です。
実際は月々など定期的に返済します。
この場合のお金を借りるときの金利について説明しています。

お金を借りたときの金利計算

10万円を年利18%で借りると、一日あたりの利息は

 

10万円×0.18(10%)÷365日=49.315円

 

になると、消費者金融の金利はなぜ最大18%?例えば10万借りると、いつ返済しても利子は1万8千円なの?で、説明をしました。

 

ですが、実際の返済額はもう少し複雑になります。

 

先ほどのページでは

 

利子=借りた金額×年利÷365日(一年の日数)×借りた日数

 

としましたが、これは一括で返済する場合の金額です

 

実際には、定期的に返済する人が多数です。

 

その場合の計算式は、

 

利子=
   借りた金額×年利÷365日(一年の日数)×借りた日数

・・・1回目

 

   +借りた金額の残高×年利÷365日(一年の日数)×借りた日数 

・・・2回目

 

   +借りた金額の残高×年利÷365日(一年の日数)×借りた日数 

・・・3回目

 

   +・・・・・ ・・・返済終了まで繰り返し

 

となります。

 

借りたお金の一部を返済すると、次回は残りの金額に利息が付きます。

 

例えば、10万円を年利18%で借りると30日後の利息は最初式に当てはめると、1479円です。

 

ここで、この金額を支払うと利息だけを支払う事になるので、次回も同額の利息となります。

 

そればかりか、借りたお金を全く返してないのでいつまで経っても返済が終わりません

 

その為もっと多くの金額を返済する必要があり、それを借りたお金の残高に充てます。

 

こうして残高を減らしていくことにより、最終的に完済となります。

 

 

2回目以降の利息の計算は、残高から計算されます。結果、前回の利息よりも小額になります。

 

年利が18%だと1年後の利息は1万8千円のように思われますが、途中で返済していればもっと少ない金額となるのです。

 

 

毎月の返済は、自分のライフスタイルにあった金額を設定する必要があります。

 

余裕があるなら少しでも多く支払った方が、利息が少なくなります。

 

余裕が無いなら、返済額を少なくするのもよいでしょう。結果的に総利息が増えてしまいますが、生活を圧迫することがありません。

 

ただし利息以上の金額を返済する必要がありますし、毎月の最低返済額が設定されているケースも多いです。

 

お金を借りる前に返済可能な金額をよく把握して、借りすぎないように注意しましょう。

 

消費者金融紹介

 

初めての人が申し込みやすい消費者金融

 

 

初めてなら30日間無利息!(※条件あり)

【プロミス】 金利(年利):4.5%~17.8%


プロミスはここが安心


  1. 初めてなら30日間無利息サービスを利用できます。

    30日以内なら借りた金額だけ返済すればOK!
    ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。詳しくは公式ホームページをご覧ください。


    ・三井住友銀行orジャパンネット銀行をお持ちのお客さまであれば、24時間振込可能です
    ・平日14時までにWEB契約完了で当日振込可能
    ・14時を過ぎてもネットで申込み、審査通過後に自動契約機に行けば、当日中に借入可能です


  2. 二つの申込み方法。

    ・カンタン入力:入力する内容が良く分からないならコチラ。少ない項目を入力してお申し込み。一次審査完了後、残りの項目を電話にてお伺い。


    ・フル入力:審査に必要な全ての項目を入力して申込み。Webで全てのお手続きを行いたい方はコチラ。(電話での確認がある場合があります)


    おすすめはフル入力。
    カンタン入力で残りの項目を電話にてお伺いする時、あせってしまって言わなくてもいいことを言ってしまうことも・・・


※申込について:主婦やフリーターの場合、パート、アルバイトによる安定した収入があればお申込み可能です。

 

 

郵送での手続きや、お勤め先確認などの電話連絡がない!

【モビット】 金利(年利):3.0%~18.0%

モビットはここが安心

WEBだけで申し込みを完結させることも可能です。
郵送での手続きや、お勤め先確認などの電話連絡がないのも嬉しい!


「Myモビ」をご利用すれば、いつでも次回の返済日や返済額を確認できたり、
さらにPCで登録すれば「支払期日案内メール」で、事前に返済日や返済額、借入残高などの案内をしてくれます。
困ったときはフリーダイヤルに電話すれば親切に対応してもらえます。


14:50までに振込手続完了すれば、モビットは当日振込も可能です。
ただし、審査結果によっては希望に沿えないことがあるそうです。


 
 

関連ページ

消費者金融の金利はどうやって決まる?
消費者金融でお金を借りる時に金利はどうやって決まるのでしょうか。
消費者金融は金利の上限が決まっている
消費者金融の金利に上限があるのを知っている人は多いでしょう。 ほとんどが18%に設定設定されています。 ここでは、どのような理由で消費者金融は金利の上限ががこの割合になっているか説明します。